クラブ方針

長岡と全てのプレーヤーのためのクラブとしての在り方とは。

選手、観客、全ての関係者がプレーを楽しんでもらいたい

スポーツの原点である「楽しむ」という気持ちをプレーヤー自身が体現し

地域とともに感動と刺激を共有することが

多くの長岡市民から応援され、活気のあるまちづくりにつながると信じて

長岡全体を巻き込みながら、市民はクラブの一員として誇りを持てるような長岡発祥のプロフットサルクラブを作り

地域との共存を図ります。

長岡ロッカとは

長岡市を本拠地とするフットサルクラブです。プロ選手を主体とし、Fリーグ入りを目指します。長岡地域の皆さまから愛され、応援されるクラブを目指します。

設立の背景

ここ数十年における長岡市の育成年代のフットサル、サッカーチームの全国大会での活躍は目覚ましく、全国的に長岡は「フットサル王国」として知られています。また現在多くの長岡市出身の選手がFリーグクラブで活躍しています。長岡にFリーグクラブを作り、そうした地元出身の選手が長岡で活躍できる環境を目指して、長岡市民全体で応援することにより、活気あるまちづくりに貢献できると確信しています。

名前の由来

「ロッカ」は雪の異称「六花」(雪の結晶が六角形であることから)です。長岡では雪のため冬季間、屋外でサッカーができず、長い間サッカー不毛の地でありましたが、そのおかげで室内でプレーできるフットサルが発展してきました。マイナスのイメージを持たれがちな「雪」をチームの象徴とすることによって「逆境を武器に変える」強いチームを目指したいと思います。「六花」は雪の結晶を表す言葉であり、雪の持つプラスのイメージを表します。また、六角形は強さ、固さの象徴でもあります。 フットサルは5人でプレーします。雪の結晶である六角形の最後の一辺は多くの長岡市民によって描かれると願っています。

エンブレム

白地に市中央を流れる信濃川

周囲の緑は蒼紫の森

上部中央に六花(雪の結晶)

両側に長岡花火

下部中央に設立年

長岡ロッカはこのエンブレムの着想となった長岡の自然とまちとクラブとの持続可能性を探求します。

クラブスローガン「不撓不屈(ふとうふくつ)」

「強い精神で困難や逆境に立ち向かいくじけないこと」を意味します。戊辰戦争と第二次世界大戦ではまちの中心部が壊滅的な被害を受けたり、その後、新潟県中越地震をはじめとした相次ぐ災害に見舞われたりしても、そのたび毎に復興を遂げてきた長岡の人々の精神を表す言葉です。逆境があっても乗り越えて強くありたいという思いを込めました。

運営法人

法人名一般社団法人 長岡六花スポーツクラブ
設立年2021年11月
所在地新潟県長岡市新町2-2-21
連絡先0258-80-1720
代表理事高野康
理事高野康
小島孝之
西山展生
浅見達也
大竹雅春